3つの種類

リハビリテーションと言っても、実はその種類も様々です。日常生活でよく使われる言葉ではありますが、専門的な知識を有している方、正しくリハビリテーションについて理解しているというかたは少ないかもしれません。医療や介護の現場において実施されるリハビリテーションには大きく分けて、3つの種類があります。それは、理学療法、作業療法、言語聴覚療法です。

理学療法とは失われた筋肉などの機能を回復させることを目的としたもので、温熱療法や電気治療などを用いて基本機能の回復に努めます。作業療法とは、ある程度動作が出来るようになり回復傾向にある四肢などを、日常生活において必要な作業が出来るように訓練することを目的としています。このため、各療法士が連携を行い、通院が終わった時にどの程度まで機能を回復させるのかを随時確認しながら対応することとなります。理学療法と作業療法の一番の違いとしては、その目的が機能の回復であるのか、日常生活への訓練であるのかの違いであると言えます。

言語聴覚療法は運動機能の回復のみならず、声帯や聴覚の機能回復が目的となります。ガンや外傷などが原因となり声帯の機能などを損なってしまった人に対し、発声を促したり、嚥下などの障がいを軽減させたりするほか、聴覚に障がいのある人に対してコミュニケーション能力などの向上を促します。