3つの専門家

リハビリテーションが必要であると診断された場合、医師の指示のもと、症状や運動機能に合わせてリハビリテーション専門の担当者からサポートを受けながら、失われた機能の回復を目指します。リハビリテーション専門の担当者の種類は理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などがあります。

理学療法士は主に運動機能そのものの回復を目指し、ストレッチや筋肉トレーニングを行います。マッサージや電気治療、温熱治療などを組み合わせ、機能の回復を目指す部位に対して寝返りや起き上がりを行ったり、歩いたりといった基礎的な運動を出来るようになる状態を目指します。器具を活用したりすることもあり、もともとその人が持っていた運動機能に近づけるための様々なトレーニング方法を展開します。

作業療法士は日常的な作業を通して心身のケアをすることが仕事です。病気や怪我にかかる前に持っていた様々な作業を再び出来るようになることを目指します。工芸や運動、レクリエーションなども取り入れ、機能の回復を図ります。言語聴覚士は選定成の障がいや病気、怪我などが原因で聞く、話す、飲み込むといった作業が困難になった人に対し、聞こえや発声のサポートを行います。また、喉の機能の回復をサポートするのも言語聴覚士の仕事です。