リハビリテーションとは

リハビリという言葉はよく聞く言葉ですし、日常的にリハビリやリハビリテーションという言葉を使っているという方も多いのではないのでしょうか。しかし、具体的にその内容についてちゃんと説明できるという方は少ないかもしれません。リハビリテーションというと、怪我をした時や病気の回復後に行うものというイメージが強いかもしれませんが、広義のリハビリテーションとは何らかの理由により、能力低下、機能低下した状態から改善するように働きかけること全般のことを指します。また、離職者が社会復帰をするための準備のこともリハビリテーションと呼ぶこともあります。

狭い意味で、医療、介護の現場においてリハビリテーションという言葉を使用する場合には病気や怪我で動きが鈍くなってしまった筋肉などに働きかけ従来の動作に近づけることを指します。完全に元の状態に戻すことを最終目的とするのではなく、その人に合った生活に近づけるための治療、トレーニング全般がリハビリテーションの目的であるとされています。

リハビリテーションには理学療法、作業療法、言語聴覚療法の3つの種類があり、それぞれ訓練の目的が変わります。また、リハビリテーションを行う3つの専門家があり、それぞれのリハビリテーションの種類によってその専門家の種類も変わります。当サイトではリハビリテーションについて詳しく知りたいという方に向けて役立つ情報をお伝え致します。ぜひお役立て下さい。


◆◆リハビリテーション関連情報◆◆
リハビリテーションを行う専門家の一つである理学療法士は、様々な職場で活躍しています。こちらの専門学校のサイトでは、卒業した後の就職先や仕事の様子などを知ることができますので、ぜひお役立てください ⇒ 理学療法士